ダイヤルゲージ、校正する理由

ダイヤルゲージを校正が必要な理由は測定器には経年変化や摩擦または不慮の自体によって測定器が正しい値を表示しなくなることが主な理由です。ダイヤルゲージなどの校正を専門とやっている企業があります。まず依頼手順をするに当たり、ダイヤルゲージの名称やメーカーなどを知らせてWEBや電話で問い合わせます。それから、お見積り書を提出して注文書などにサインをし、FAXやメールで送ります。その次に注文書を添えてから、修理したいダイヤルゲージを送ります。それから修理を実施してそれが終わってから指定先の住所に発送する手順です。また料金をプラスすることにより急ぎに対応した取引が可能です。金曜日に送り、月曜日に帰ってきますので時間がないという人でも安心です。料金体制は校正料金と返送料金、オプションとなっています。他にわからないことがあれば問い合わせもできるのでまず相談してみるのも一つの手です。

ダイヤルゲージの校正について

ダイヤルゲージとは短い直線距離を正確に測定するための道具で、測定子の動きを歯車によって拡大し、指針でその動きの大きさを表す。ダイヤルゲージは種類がいくつかあり、一つに標準形があります。これは測定子は固定されていて直線を測定するのに使われます。もう一つはてこ式ダイヤルゲージがあります。これは測定子が自由に動くため、斜面や曲面でも測定が可能です。ダイヤルゲージは精密な機械であるため、個人で校正するのは難しいです。校正をしてもらえる業者に依頼するか、購入するのが一般的です。業者に依頼する場合は何日で作業を行って、納品してもらえるかは変わってくるので、インターネットで見るか、資料や見積もりを出してもらい、よく確認する必要があります。購入する場合は、購入するだけなので、配達日時だけわかると予定が立てられます。

ダイヤルゲージとその校正について

私たちの身の回りにある機械製品類は、通常、細かい部品群の集合で構成されています。これらの部品群はどれをとってもmm単位の正確さをもって製造されています。精密機械類に近いものほどその正確さがより必要になってきます。小さな部品をmm単位で正確に計測するために必要な測量器がダイヤルゲージです。ダイヤルゲージには、標準型とてこ型の2種類のものがあります。どちらも基準となる数値をもとにして計測する器具です。私たちが長さを測るものとして利用する定規などでは、使うツールの方を動かすことになりますが、上記のゲージは、それとは反対になります。つまり、計測器側を固定して、計測される対象物を動かします。こうすることで、正確さが担保されることになります。もっとも、計測器ですから、使用している間に微妙なズレや誤差が生じてきます。それを校正する必要がでてきます。