ダイヤルゲージ、校正について

そもそも、ダイヤルゲージとは何か。ダイヤルゲージとは、一定の基準と比較し、その差を調べて平行度などを出す物です。ダイヤルゲージと言っても、三種類ほどあるのですが種類によって多少、使用方法が異なります。ダイヤルゲージの校正の方法について、それぞれ方法がありますが現場でも出来る簡易的な方法としては、ブロックゲージを直接天盤ではなく、天盤の上でコンパレータースタンドという、ダイヤルゲージの精密測定用のスタンドを使用するという方法です。この方法は簡易的で良いのですが、やはりまだ自分自身でやるのは心配だと言う方もいらっしゃるでしょう。そんな時には、インターネットなどでダイヤルゲージ、校正と調べると専門の方がやってくれるサービスも普及しはじめていて手軽に頼むことができます。機械に弱い方には、そのサービスがおすすめです。

ダイヤルゲージにおける校正事業者制度

産業機器は一般に精密さが要求されます。小さな部品のわずかなズレや変形によって、全体に大きな影響がでて、時にはそれが重要な問題に発展する場合があります。したがって、機器の構成部品を正確に計測して、運用に支障の出ない形状や長さであるかどうかの確認が必要となります。そして、そのために使われているゲージの一つに、ダイヤルゲージがあります。固定されたゲージで、部品の精密さを検査します。もっとも利用にあたっては熟練した技能が要求されます。そこで、校正事業者としての認定制度が設けられています。この校正事業者としての認定を受けるためには、JCSSという審査機関による認定を受ける必要があります。JCSSは日本の認定機関ですが、国際的な機関としての連携協定が結ばれており、JCSSの認定がそのまま国際認定として認められるようになっています。

ダイヤルゲージを使っているところは校正が必要です

ダイヤルゲージを使っているところは多いようです。それが出す数字が違っていたら作った部品のサイズが違ってくることになります。したがってダイヤルゲージの数値は完璧でないといけないわけです。しかしこれは使っていると多少数字が違ってきます。それは摩耗するからです。その場合直す必要が出てきます。したがってこれを使う場合は定期的に校正が必要になるわけです。これに関してはネットで知らべるとわかりますが校正を専門にしている会社が存在します。その会社に製品を送って調べてもらうことになるわけです。そして数値が違っていたら直してもらうことになります。物によっては送ることができないので出張してもらうようなこともあります。会社によると思われますが、依頼すれば出張してくれるところが多いようです。定期的に校正をするようにしていれば数値が違ったものを使うと言うミスは起こらないと思われます.