ダイヤルゲージの校正が必要な理由

ダイヤルゲージは平面のでこぼこ、工作物の取り付けの良し悪し、軸の中心のかたよりなどごくごく小さな狂いを検査する測定器です。棒の一端を品物の表面に接触させ歯車装置を使って針を動かします。そうすることで一目盛100分の一または1000分の一ミリメートルまで読み取ることができます。はかりなどの他の計測器のように直接数値を測るのとは違い、他の物を基準にして、その物との差を読んだりすることに使われます。ダイヤルゲージなどの計測器はセンサーの経年変化や電子回路の不具合などが原因で正しい測定値を得ることができない場合があります。ひとつの製品には複数のメーカーの部品が使用されている場合がほとんどです。そのため各部品の精度をいつでも安心して使用できるような同じ状態を保った測定器で計測を行うことが大切です。以上の理由から、信頼性の高い安全な製品開発にもダイヤルゲージの校正は必要です。

ダイヤルゲージの校正

ダイヤルゲージは機械製品などで物の位置を正確に測定することができる測定機器です。100分の1mm単位でメモリが付いているものから、1000分の1mm単位で測定できる精密なものまで存在します。しかし、そんなとても目に見えないレベルの寸法を測定する機器が、ずれていたとしたらどうなるでしょうか。大変なことになること間違いありません。そこで、製品を測定する前にブロックゲージと呼ばれる正しく寸法が出ているゲージを測定し、ゲージ通りの寸法が正しく表示されるか確認します。もし、寸法がずれていた場合は、修正しなければなりません。これを校正といいます。寸法が正しく出ていても、年に一回は校正に出したいところです。一般的には測定機器のメーカーに依頼します。校正には費用もかかり大変ですが、日々の姿勢が、高い品質を維持することになります。

ダイヤルゲージの校正について

ダイヤルゲージの校正について書いていきます。まず、ダイヤルゲージとは短い直線距離を正確に測るための測定機器です。これは、ほかの計測機器のように直接数値を測るのではなく、ほかの物を基準としその物との差を読んだり、平行をだすときなどに使用されたりもします。また旋盤など、一部の工作機械を使用する際に回転軸やそれに装着されている物のブレを計測するのにもつかわれることがあります。ここからはダイヤルゲージの校正について書いていきます。まず言葉の意味としてこれはこの時の場合は、測定器が示す値と真の値の関係を求めて、目盛の補正などを行うことです。国家標準で定められた標準器や、あらかじめ物理的量や化学的な純度などがわかっている標準試料を用いて欠陥などを補正することです。それでこの測定機器の校正方法はこれといって正しい方法はないです。もしJISの規格にあわせても他のところで欠陥などがみられたりするのでこれをを行ってくれる企業にやってもらうのが良いです。